vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

対ハイパー放射ミサイル艦首ビーム砲

ディンギルのハイパー放射ミサイルによる攻撃の教訓から真田技師長によって開発された特殊砲、アクエリアス上空で追撃してきた水雷艇隊に対し使用した、効果は絶大で水雷艇ごと破壊に成功した。--たっちゃん


アクエリアスの水柱に襲われたディンギル星(都市衛星ウルクは既に離脱)で救助に当たったヤマトが突然このミサイルに襲われ、通常の操縦による航行が出来なくなった。ヤマトはコンピューターの航行プログラムに従い自動操縦で地球に戻った。艦の修理と乗組員の治療後、ヤマトはアクエリアス星のワープを阻止するべく再び発った。アクエリアス星への航行中に、次のハイパー放射ミサイル攻撃に備えるべく、真田により開発された。冥王星空域での戦いではまだ完成していなかった。使用されたのはアクエリアス星での戦闘シーン。ヤマト艦首付近の艦底から砲塔が現れ、多数のミサイルに向け発射された。ビーム砲は初めは収束して独特な弧を描いて進み、ミサイル群の直前で広大な網状のビームに変わり、捕らえたミサイルを次々に爆破させた。--シルクロード

このページを編集 (885 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 4095 times.