vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

サーシア

スターシアの妹でサーシャの叔母に当たる、地球に波動エンジンの設計図を届ける際ガミラスの攻撃を受け火星に不時着、ロケットで脱出するものの役に立たず死亡。--たっちゃん


ヤマトはガミラスの攻撃に会いながらも半年以上もかけてイスカンダル星に着いた。サーシアはどうやってガミラス艦隊やデスラー機雷網を突破して火星までたどり着いたのだろうか。
火星に不時着したサーシアは赤紫色のドレスをまとっていた(スターシアは水色のドレス)。古代と島が駆けつけたときには既に死亡していたが、外傷はなく、目を閉じて横たわる姿が美しく描かれていた。ヤマトシリーズで女性のメジャー・キャラとしては最初の人物。2人が地球に戻ったとき、島が女性(森 雪)を見かけて、(髪の長さを除いて)余りにサーシアに似ているので驚き、古代に教えるシーンがあった。ヤマトがイスカンダルに到着した際にも、雪を見たスターシアがサーシアと間違えたほど。「新たなる旅立ち」で、死んでオーラ・イメージとなって現れた母・スターシアに向かって2代目となる幼いサーシャが抱っこして欲しいと泣いてしまったが、そばにいた雪を見つけて笑顔に替わった。--シルクロード

このページを編集 (991 bytes)


Congratulations! 以下の 3 ページから参照されています。

This page has been visited 5042 times.