vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

スターシア

イスカンダル星の女王、危機に陥った地球に対し波動エンジンの設計図を持たせた妹のサーシアを送る、古代守と結婚し娘のサーシャをもうける、自動惑星ゴルバの攻撃によってヤマトやデスラーに迷惑が掛からないようサーシャと古代守を脱出させゴルバと共にイスカンダル星ごと自爆。--たっちゃん


イスカンダル星とガミラス星は二重惑星。もしガミラス民族がイスカンダル星へ移住出来ていれば、遙か離れた地球への侵攻は無かった。イスカンダル星には既にスターシア、サーシアの2人しかいなかったのだから。
しかし、イスカンダル星もガミラス星と同じく、惑星としての寿命を終えようとしていた。
ガミラス民族の移住・侵略を防ぐため、イスカンダル星には自爆装置があったほどなので、両者の間には長い歴史の怨恨があったのだろう。
「新たなる旅立ち」では、二重惑星の一方であるガミラス星が爆発・消滅したため、重力バランスを失ったイスカンダル星は暴走を始め、何とワープしてしまう(いくらなんでもこれは有り得ない)。こうなると、イスカンダル星の太陽ともいうべき恒星からの位置関係が無茶苦茶になり、例え自爆せずに済んだとしてももはやイスカンダル星に住むことは不可能だったろう。--シルクロード

このページを編集 (1024 bytes)


Congratulations! 以下の 7 ページから参照されています。

This page has been visited 7336 times.