vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

護衛艦

地球艦隊(対白色彗星帝国戦時)の波動砲装備の小型艦、白色彗星撃滅のため出撃したが白色彗星のガス体を取り払えず消滅。--たっちゃん


120メートル弱の小型艦。映画「さらば〜」では初めのシーンで、古代進が艦長として搭乗。艦隊戦用ではなく、太陽系各惑星からの資源輸送を護衛する任務を負う。ということは、宇宙海賊のような集団がいたのだろうか。艦首に超小型の波動砲を備える。衝撃砲だとする説もあるが、映画「さらば〜」が公開された時の設定本では“ 波動砲 ”とあった。波動砲の砲口が小さいという理由だけでは、波動砲ではないとは言えない。それは、デスラー戦闘空母のせり出し型デスラー砲砲塔(長さ約60メートル)を見れば分かる。しかし、護衛艦の大きさの艦で波動砲を撃つエネルギーが果たして得られるのかとの疑問はある。各艦の波動砲の威力は波動エンジンの出力に左右されるからである。
主砲2連装砲塔を艦前方上部に2基、前方下部に1基。艦側面に固定式3連装砲4基。艦後方に2連装砲塔4基などの装備。側面の固定式3連装砲が魚雷発射管であるとの説もあるが、発射口の口径が魚雷発射管としては小さ過ぎる。また、この固定式連装砲は、形を変えたものが「ヤマトよ永遠に」の無人艦隊に引き継がれている。
このように、製作・作品公開時には護衛艦の艦首波動砲や固定式連装砲の設定があったにもかかわらず、現在異なる設定も述べられているのは、作品公開から長い時間が経って様々な出版物が出ていることや、何よりも宇宙戦艦ヤマトの著作権所有者について裁判中であり(2006年現在)、発売されたゲームソフトなどで新たな設定がなされていることなどによると考えられる。--シルクロード

このページを編集 (1415 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 4779 times.