vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

ディンギルの少年

ルガールの息子であったが本星水没の際に置き去りにされ他の人たちと共に救助されようとしたが他の人はコスモハウンドと共に落下した為助かったのはこの少年だけであった、また自分の好きなようにするというディンギル人の考え方のため佐渡先生のつまみを盗んだりするが最後には古代を神前に案内しの銃弾から古代をかばい負傷しそのまま「僕、地球では褒められる事したんだろ」と言い残し死亡。--たっちゃん


古代からは「坊や」、アナライザーからは「密航者」と呼ばれた。「宇宙は強い者が栄えるためにのみある。弱い女・子どもが死ぬのは当然」と言うさすがのルガール大神官も、息子(ド・ザールが長男でこの子は次男か?)を誤って射殺してしまったことに苦渋の表情をチラッと見せた。--シルクロード

このページを編集 (662 bytes)


Congratulations! 以下の 2 ページから参照されています。

This page has been visited 3603 times.