vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

アルフォン

暗黒星団帝国技術部情報将校、森 雪と出会い彼女に恋をするしかしアルフォン少尉は雪の心が自分ではなく自分の持っている重核子爆弾の情報が目当てである事に気付き結果雪を思いやったアルフォン少尉は彼女を抵抗運動を続ける地球の仲間の元へ帰らせた、そして重核子爆弾の中で敵味方として相対したとき雪の目の前で空間騎兵隊員のはなった銃弾に倒れることとなったがそこでアルフォン少尉は自分たちが頭から上だけが生身の機械の体であり自分自身の肉体で大地を踏み締めたかったがために地球に侵攻してきた悲しみを語るそして、彼女に重核子爆弾の起爆装置の情報を教えて事切れるのだった。--たっちゃん


階級は少尉。だが占領した地球の大統領邸を自宅として使用するなど、破格の待遇。帝国の人間(サイボーグ)としては二枚目に描かれていた。

このページを編集 (689 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 4283 times.