vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

メルダーズ

暗黒星団帝国マゼラン方面軍総司令官、デーダーの直属の上司で星間戦争継続のためのエネルギー源としてガミラシウムまたはイスカンダリウムを採掘する任務を帯びていたがしかし麾下の第一艦隊が打ち破られたことから自ら出撃。ヤマトとデスラーの連合軍を撃破するもののスターシアがイスカンダルごと自爆したことによりゴルバごと消滅することとなる。 --たっちゃん


「新たなる旅立ち」で登場。デーダー率いる艦隊が全滅したため、グレートエンペラー(聖総統スカルダートと同一人物かは不明)との交信で自ら自動惑星ゴルバを率いてイスカンダリウムを手に入れると宣誓した。ヤマトに対しては「地球の戦艦よ、なかなか見事な戦いぶりであったな」と褒めたが、ゴルバにデスラー砲を撃ったデスラーには「そんな石ころのような砲撃がこのゴルバに通用すると思っているのか?」と笑い飛ばし、更にゴルバの主砲に突撃してくるデスラーに向かっては「あの愚か者め、砲口に突っ込んで来る気だな」と辛口の言葉。--シルクロード

このページを編集 (858 bytes)


Congratulations! 以下の 2 ページから参照されています。

This page has been visited 4129 times.