vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

宇宙戦艦ヤマト

1974年10月から翌年3月にかけて放送されたテレビアニメ作品。海底に眠る戦艦大和(当時はまだどのような状態で沈没しているか分からなかった)をベースに秘密裏に作られた宇宙空間を超光速で移動できる「宇宙戦艦」を使った、ガミラス星人による攻撃で滅亡に瀕する地球を救うのに必要な装置を提供するイスカンダル星への苦難に満ちた往復の旅を描く。

http://www.wowow.co.jp/drama_anime/natsukashi/contents.html

アニメーション作品群(公開順)


登場人物:
:地球:
:ガミラス:
:ガルマンガミラス:
:白色彗星帝国:
:暗黒星団帝国:
:ボラー連邦:
:ディンギル:
:シャルバート:
:イスカンダル:
:テレザート:
:アクエリアス:


兵器:
:地球:
:ガミラス:
:ガルマンガミラス:
:白色彗星帝国:
:暗黒星団帝国:
:ボラー連邦:
:ディンギル:
:イスカンダル:
:シャルバート:
:ゼニー合衆国:(Vでは打ち切りになったが、設定ではまだ星間国家が出てくるはずであった。)--cami


ヤマトの疑問


関連:



ソノラマ文庫、昭和50年(1975年)11月10日初版、石津嵐・著、豊田有恒・原案、『宇宙戦艦ヤマト』…というのがあります。まだあるかな?蓑輪宗廣氏の挿し絵も松本零士のそれによく似ている(あるはその逆なのか)。この中には、キャプテンハーロックも重要な役で出てくる。--CUE

このヤマト、松本零士のヤマトとはまるで違うストーリー展開。イスカンダルを後にして最後に生き残るのはススムとユキの二人だけだし。コスモクリーナーは始めから出てこないし。これ以上書くとネタがばれてしまうので書けないけど、特にヤマトファンにはおすすめの一冊。--CUE



1回のワープで約100光年進む、1日に2回のワープ>ワープ航法ができる、と、私が昔持ってたムックには書いてあったけど、それじゃイスカンダルに辿り着く事もできないじゃんか。
というわけで、上記の石津嵐氏のヤマトでは、1回に1000光年、とあり、これで何とか往復可能。
さらにノベライズ版(集英社文庫コバルトシリーズ『宇宙戦艦ヤマト』)によれば、1回のワープで500光年、ワープの準備に6時間、と書いてある。--CUE



コスモゼロが入って無くて寂しいです〜。 --- seeds

是非、入れてください(笑)。--sumim

入れました。--たっちゃん

上の登場人物で抜けている者や間違っている者がいれば遠慮せずお知らせください。--たっちゃん

いやはや今になってデスラーが入ってない事に気がつきました--たっちゃん

修正しておきます--たっちゃん

一部修正がありました、申し訳ありません。--たっちゃん

暇な方はhttp://yamato.channel.or.jp/info/index.html等を見て間違いを探してみてください--たっちゃん


たっちゃんさん、ご記名ありがとうございます。--WikiKeeper

新規ページ作成時の記名も同じ要領でお願いします。--WikiKeeper

あなたの名前は「ウィキケエペー」ですか?。--たっちゃん

ウィキー・キーパーと読みます。本ウィキーの管理者という意味で使っています。--WikiKeeper

なんかフラーゲンから下全部消えてましたけど--たっちゃん

通りすがりの者です。Wikiは誰でも変更できるので、訳も分からずにいじって消してしまう人がたまにいます。たまたま気づいたのでhistory>http:/wiki/75.historyを使って直しておきました。--abee

あの〜宇宙戦艦ヤマト&戦艦大和施工というところにここのリンクを張っても良いでしょか?。--たっちゃん

リンクはご自由にどうぞ。--WikiKeeper

たっちゃんさんに、再度、繰り返しのお願いです。新しいページへの書き込みも含め、書き込みの最後には誰の書き込みか分かるように必ずご記名をお願いします。--WikiKeeper

すいません、どうしても忘れがちで、--たっちゃん

兵器:地球としての「ヤマト」はないの?--suzume

僕も作ろうかと思ったのですが、やっぱり作ったほうがいいですか?--たっちゃん
後になって気がついたのですが地球の戦艦にビスマルクとノーウィックってのもあったんですよ--たっちゃん

あってもいいかなと。プリンスオブウェールズ、アリゾナ、を含めてどれも過去に実際にあった戦艦の名前ですよね。--suzume

はい、しかしアリゾナなんていう名前にしたんですかね、日本軍に沈められたまま今でも真珠湾の底に眠ってますよ。--たっちゃん

たっちゃんさん「ヤマト」の追加、早速の対応ありがとうございます。
しかし、さすがヤマトになると数行で説明するには厳しいですね。
ところで、ここをこんな掲示板みたいな使い方しても良かったんだろうか?(^_^.)--suzume

大丈夫です。 いろいろな利用法を模索しましょう。--sumim

上に意見・感想・訂正・掲示板って書きますか?--たっちゃん

ほとほと疲れました、皆さん、中途半端に終わってしまいそうです、全部完成したあとは修正や補足をして行こうかと思ってたんですが・・・、しかし誰かが悪戯したみたいでところどころ表記がおかしくなってるんで直しておきます。--たっちゃん



項目追加、記述追加をしました。何人かの方が既に書かれていた登場人物・兵器の名称や記述内容の誤りなどをいくつか見つけましたが、他の項目へのリンクの問題もありますので、記述のところで注記しました。初作品のTV放送版は、39話の予定だったものが、視聴率の関係で放送回数が26話へと大幅に削除され、ストーリーも変更になったので、変更前のストーリー(TV放送当時の、ひおあきら画の漫画本)についても記述しました。また、「完結編」は劇場初回上映版(35mm版)とその後再上映された改訂版(完全版:70mm版と呼ばれ、TVでも放映されたもの)とでは異なる点がいくつかありますので、その点についても記述しました。記述中で設定本からの引用をしていますが、各作品が公開された当時に発売された設定本に従っています。--シルクロード

このページを編集 (7827 bytes)


Congratulations! 以下の 5 ページから参照されています。

This page has been visited 175040 times.