vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

BlueBook

The Blue Book、ブルーブック、青本とも。
Smalltalk-80: The Language and Its Implementation
By Adele Goldberg and David Robson, copyright 1983, Addison-Wesley, ISBN 0-201-11371-6
のこと。表紙が青かったことからこう呼ばれる。

Smalltalk の“純正”処理系の最初の公式リリース「Smalltalk-80」を題材に、特に(環境ではなく)Smalltalk 言語を使用するにあたって必要とされる基本概念や用語、主だったオブジェクトやその利用法をクラスやメソッドのコードや断片、サンプルコードを提示しつつ解説する。結果、仕様書のような役割も兼ねるため、のちに作らることになる、Smalltalk ファンによるお手製 Smalltalk 処理系において、その実装の程度(完成度?)を示すのに「ブルーブック準拠」という言葉がよく使われた。

改訂にあたって、仮想マシンに関する記載が除かれ、その際、表紙も紫色に変わったため、こちらは区別してPurpleBook(パープルブック、紫本)と呼ばれる。

この時、省かれた章は、Web で読むことができる。
PurpleBook については、邦訳「SMALLTALK-80 言語詳解」ISBN:4274073254 も出ていたが現在は絶版。

他に表紙の色で呼ばれる Smalltalk 関連書籍として、
などがある。--sumim

関連




このページを編集 (1406 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 5100 times.