vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

古代守

古代進の兄で、宇宙戦士。--CUE


TV版「宇宙戦艦ヤマト」の初放送は、同時刻放送の他番組が元々視聴率が高かったこと、作品そのものがまだ無名だったことなどの理由で視聴率は散々だったために、放送途中で大幅な削除・変更を余儀なくされ、26話になってしまった。
当初の放送予定だった39話のストーリーで書かれ、TV放送時に発売された漫画本「宇宙戦艦ヤマト」(画:ひおあきら、絶版)では左目を眼帯で隠した「キャプテンハーロック」が登場し、自分を古代守だと明かす。TV放送が当初の予定通り全編放送されていれば、古代守はハーロックとして登場しただろう。
ひおあきら画の漫画本では、地球へ帰還途中のヤマトに最後の戦闘を挑むデスラー艦隊が登場するが、旗艦はデスラー砲をもたない独特なデザインの艦(旧デスラー艦の項を参照)である。ヤマトに特攻をしかけるがかわされてしまい、そこをハーロックの海賊戦艦の艦首砲により撃沈された。また、ひおあきら画の漫画本ではハーロック艦はヤマトと戦闘中のロメル(ドメルのこと)将軍の旗艦(シュルツ艦をややずんぐりにした形で描かれていた)も葬った。
ハーロック艦は、艦首部分は沖田艦に似ているが、全体はスリムなデザイン。主な火器は艦首大口径主砲1門、魚雷発射管2門。宇宙気流を挟んで、ヤマトとロメル艦隊とがにらみ合っていたところ、ハーロック艦は宇宙気流の中を平然と航行し、沖田が信じられないと驚く場面があった。ハーロック艦のエンジンはヤマトよりも強力なのかもしれない。ハーロック艦は気流を抜けてロメル艦隊の中を突っ切り、艦隊の隊列を乱したお陰で、ヤマトは先へ進むことが出来た。--シルクロード

このページを編集 (1388 bytes)


Congratulations! 以下の 8 ページから参照されています。

This page has been visited 9896 times.