vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

しあわせのかたち 水晶の滑鼠

押井守の脚本・監督によるドラマCD。役名が指示代名詞、登場人物が全員嘘を吐く、虚構が現実に介入するなどの特徴がある。ここで見られたゲーデルへの傾倒が後の映画、トーキングヘッドにつながったと思われる。挿入歌「クレタ島の女」。--abee

このページを編集 (219 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 3126 times.