vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

Pad++

http://www.cs.umd.edu/hcil/pad++/tour/index.html

マジックレンズはおもしろかったです。後半の機能は Croquet とのアナロジーより、Morphic との親和性が高そうでいろいろな考えが浮かんできます。 MagicLensMorph はいただきかな。Squeak 環境をより身近にするには、とりあえず、CellMorph と SpreadsheetMorph を作らな…と思っていましたが、こっちのほうがおもしろそうだわ。--sumim

UNIXで言っている「フィルタ」というアナロジーは空気清浄機のゴミフィルターですが、こっちはカメラのレンズフィルターですね。
モデル自体も可視オブジェクトでデフォルトのビューを持ち、レンズ重ね合わせることでViewを切り替えるというこの世界観は、すべてがグラフィカルで触ることができる(抽象オブジェクトもインスペクタのお世話にならずに済む)新種のMVC? --SHIMADA


むしろ非MVCなんだと思います。MVCの三権を分割しないというか、分割の軸が全然違うというか。-戯

空気フィルタも光フィルタも「通して変化させる」という同じようなものかと。ちなみに音フィルタや電気(電子)フィルタも同様。あっち用語では伝達関数とかいう…んだっけ?
古典的(笑)なデザインパターン風にいえば、Decoratorっすね。重ねて重ねて気持ちよく。

UNIXのパイプとの違いは、sedとviの違い、といったら少し近いかな? :-) 結果をリアルタイムに観察しながら do-undo-redo を繰り返せるのがいいです。--SHIMADA



このページを編集 (2222 bytes)


Congratulations! 以下の 3 ページから参照されています。

This page has been visited 4440 times.