vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

映画『アマデウス』

第一楽長サリエリの神に対する復讐の映画。
に生涯の童貞を誓ったサリエリが実際、が選んだ楽器が下品で粗野なモーツアルトと云うことを知り、神の楽器モーツアルト嫉妬し、復讐をはじめる。典型的な西欧近代の演劇のテーマにのっとった作品。
表現の主体は個人ではなくであり、芸術家はの絵筆にすぎないという中世、前期近代の思想をパロっている。--kimurako

そうだろうか?
サリエリが映画後半で告白しているように才能をさりげなく持っている連中に平凡な連中が嫉妬するだろうか?
もしも高遠な見通しでサリエリがモーツアルトを宮廷音楽家として応援できたなら彼の名声はやくそくされたかもしれずマリーアントワネットのお兄さんも満足していたに違いないと思われるのだが、それにしても研究家が違うという異端派の諸説からこうも庶民が満足する映画を創作した監督に祝杯を上げたい気分だ。--aichi.ocn

このページを編集 (761 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 8724 times.