vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

Renderman

 Toy Story などで有名なPIXAR社の3DCGのレンダリングのAPI。映画産業の要請にこたえるために開発され、表面材質のためのShadeing言語がレンダリングから独立してあつかえる。
 随分と前にMac・で8MBのメモリ、20GBのHDで走らせて、学んでいた。当時、父親が危篤状態が続き夜は、母親に代わり付き添いを、、。病室で、Rendermanのプログラムの本を熱心に読むことと、QY10で、モーツアルトクラリネット五重奏曲とクラリネット協奏曲を打ち込みながら学ぶことが、夜の日課だった。--kimurako

RenderMan。製品名は PhotoRealistic RenderMan。
RenderMan Interface はAPIとして公開され、API使用に関しては無償(だったと思います)。レンダラー本体と、周辺用のツール RenderMan Artist Tools、通称RATがある。
 現在のバージョンは11.5。

 MacRenderManとWindows用のRenderManを販売していたこともある。(私もMacRenderManを持っています) Macintosh Support部の人材を冗談でいじめて追い出してしまって打ち切りとなったらしい。そんなに売れなかったことも在ると思われるが。
 NeXT Computer 向けに QuickRenderManというOpenGLのようなものとバージョン遅れのPhotoRealisticRenderManをバンドルさせていた。NeXTSTEPの3DKitを使うとRenderMan Interfaceの記述そのままでOpenGLのように使うことができた。OpenGLよりも扱いが容易だった。書き出し先をプリンタもしくはディスプレイにすると、PhotoRealisticRenderManが起動し、高画質レンダリングもできた。 --- seeds

このページを編集 (1223 bytes)


Congratulations! 以下の 2 ページから参照されています。

This page has been visited 4953 times.