vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

ジョン・スカリー

John Sculley 。食品会社からコンピュータ会社へ。専門用語などいっさい分からず、就任直後はずいぶん苦労したようだ。結局、Apple を再生することには成功したが、その代償も大きかった。再び Apple は低迷への道を歩み、再々度の復活にはスカリーによって追い出されたジョブズの復帰を待たなければならなかった。ペプシコでの実績を評価され、安定した地位にいたスカリーを Apple へ誘うときのジョブズの台詞「一生を砂糖水を売って過ごすのか、それとも世界を変えてみないか」は有名。--sumim

このページを編集 (460 bytes)


Congratulations! 以下の 2 ページから参照されています。

This page has been visited 4152 times.