vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

iMac

スティーブ・ジョブズ 復帰の事実上の第一弾となった製品。一体型のその筐体はデザインこそまったく違うが、オリジナルの Macintosh を彷彿とさせる。価格も安く押さえられ(本当は 1000 ドルを切りたかったらしいが、それはならなかった)、親しみやすいカラー(後に5色、柄物まで登場)は Mac を家電と位置づけたがる同氏の意向を強く反映させたものだろう。古いもの、既存のものを寄せ集めてアピールできるカ同氏ならではの傑作の一つ。--sumim

このページを編集 (398 bytes)


Congratulations! 以下の 2 ページから参照されています。

This page has been visited 3080 times.