vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

戦闘衛星(ガルマンガミラス)

「ヤマトIII 第17話 デスラー帝国危機一髪」で登場。ヤマトが立ち寄ったガルマンガミラス本星に向けて、ボラー連邦の国境の星からミサイル群(小型ミサイル群と1発の惑星破壊ミサイル)が発射され、ワープした。小型ミサイル群は駆逐型デストロイヤー艦や戦闘衛星が対処したが、続いてワープアウトした惑星破壊ミサイルには歯が立たなかった。ヤマトは波動砲をもって惑星破壊ミサイルを破壊した。ガルマンガミラスの戦闘衛星には、小型ミサイルを発射するタイプと、レーザー砲を発射するタイプとがある。--シルクロード

このページを編集 (486 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 1986 times.