vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

ルガール指揮戦闘機

冥王星空域でヤマトに敗れたルガール・ド・ザール将軍が、リベンジを期して再度ヤマト撃滅に挑んだ際に搭乗した大型戦闘機である。しかし武装があったかどうかは不明。惑星アクエリアスに到着したヤマトに対して、全艦隊を従えて決戦を挑んだが、ハイパー放射ミサイルをすべて迎撃され、さらにヤマトの波動砲によって僚艦をすべて撃沈された。都市衛星ウルクに帰還しようとしたが、二度もヤマトに敗れた息子に対してルガールは帰還を許さなかった。ルガールの命令で展開されたニュートリノビーム防御膜によって、ルガール指揮戦闘機は消滅させられてしまう。ルガール・ド・ザール将軍も運命を共にする。--名無

このページを編集 (566 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 2092 times.