vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

中曽根康弘

第七十一代・七十二代・七十三代内閣総理大臣。大正七年群馬県高崎市生まれ。東京帝国大学法学部政治学科卒。昭和16年内務省入省組。海軍配属(主計中尉〜主計少佐)。その後地方事務官、警視庁警視などを歴任後昭和21年暮れに依願退職。翌年衆議院議員選挙に立候補し当選(以後計20回当選)。以後科学技術庁長官・運輸大臣・防衛庁長官・通商産業大臣・行政管理庁長官等を歴任し昭和57年内閣総理大臣就任。現職の総理大臣として戦後初めて靖国神社を参拝。--たっちゃん

このページを編集 (429 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 3741 times.