vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

移動要塞

ルガール・ド・ザール将軍が使用していた移動補給基地要塞、ヤマトと最初に遭遇した際にハイパー放射ミサイルで撃沈寸前までヤマトを追い詰めたが、地球艦隊を壊滅させヤマトを痛めつけた後、ゆうゆうと艦艇に補給をしていたところを古代と雪が乗ったコスモゼロに発見され波動カートリッジ弾の砲撃によって係留中の艦艇ごと撃破される。--たっちゃん


正しくは「移動要塞母艦」。後部に大型エンジンが見られ、完全版では都市衛星ウルクより発進するシーンがあった。ハイパー放射ミサイル発射管多数装備。多数の艦船にエネルギーやミサイルを同時に補給できるが、艦を完全に内部に格納するのではなく、要塞に外付けするかオープンハッチ型の格納エリアを使用する。全長は、補給中の巨大戦艦との見かけの比較では3キロメートルほど。
冥王星空域での戦闘で、敵が何度も攻撃・撤退を繰り返すのを見た古代は、敵の基地があると予感し、雪とコスモゼロで探索に発進した。沖田艦長は古代を見送った後、南部に波動カートリッジ弾の発射準備命令を出した。連続発射には向かない波動カートリッジ弾で敵艦隊と戦うのは不利と感じた南部は「波動カートリッジ弾ですか?」と疑問を言った。そして古代(恐らく沖田も)の予感通り移動要塞母艦を発見したが、敵機との戦いで負傷していた古代の傷口が悪化し失神。代わりに同乗していた雪がヤマトへ通信「敵要塞発見、距離○○○○宇宙キロ、方位○○○○。ハイパー放射ミサイル艦発進直前!急いで!!」。ヤマトの波動カートリッジ弾が発射され、移動要塞母艦と係留・補給中の艦に命中、破壊した。コスモゼロに乗った古代(失神中)と雪がヤマトに帰還するときに流れた曲は桑江知子が歌う「二つの愛」。----シルクロード

このページを編集 (1446 bytes)


Congratulations! 以下の 2 ページから参照されています。

This page has been visited 4215 times.