vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

グスタフ

グスタフ艦乗艦。古代が止めるのも聞かず惑星ファンタムにプロトンミサイルを発射しこれを破壊した、その帰路ボラー艦隊に攻撃を受けているヤマトを発見、総統にヤマトを死守せよと命ぜられヤマトを護衛するも効果が薄いことから全艦に体当たりを命じ自らも突撃していった、敵艦隊は結果的に惑星破壊ミサイルの爆発によって壊滅した。--たっちゃん


北部方面軍司令官。階級は中将。彼の乗艦は惑星破壊ミサイルを搭載しており、かなり大型である。彼の率いる艦隊はガルマンガミラスの新鋭戦闘艦である大型戦闘艦が多く見られ、この特徴は他にデスラー艦隊(シャルバート星に赴いた時)ぐらいしかみられなかったことから、グスタフの輝かしい軍歴がうかがえる。
ルダ・シャルバートを救出したヤマトと一戦交える手前まで行ったが、ボラー連邦のハーキンス中将率いる艦隊の攻撃を受けるヤマトを守れとデスラー総統の命を受け、ヤマトを援護するが艦船数の上で劣勢となり、特攻をしかけ敵艦隊もろとも全滅した。軍人としてヤマトと正々堂々戦ってみたかったと古代に言い残した。グスタフ艦には惑星破壊ミサイル(プロトンミサイル)が搭載されていたが、特攻の際に正規の起爆操作(核融合反応であろう)をしない限り、単に衝突の衝撃によるミサイルの破壊・爆発だけでは核融合は起こらず、敵艦隊を壊滅させることはできない。--シルクロード

このページを編集 (1163 bytes)


Congratulations! 以下の 2 ページから参照されています。

This page has been visited 4440 times.