vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

新反射衛星砲

ガルマンガミラスのダゴン将軍が前線基地として使用していたところに配置されていたもので反射衛星砲の教訓を生かし発射台、中継センター、エネルギー庫に分かれておりすべての施設から発射可能となっている為、一つが破壊されても残ったところから応戦できるようになっている、しかも反射板は衛星にではなく艦載機に搭載されており、反射板は移動が可能となっている、ヤマトを壊滅寸前まで追い込んだものの司令部を破壊されたことによって基地は使用不能となった。--たっちゃん


バーナード星系の惑星での戦闘。ガルマンガミラスの前線基地はヤマトの意表を衝いて新反射衛星砲で攻撃した。結局、基地は波動砲で破壊されきのこ雲(!)が立ち昇ったが、間一髪、ダゴン将軍は中型戦闘艦で脱出した。基地があった惑星をヤマトが去るシーンでは、惑星の地上の一部が赤茶色に焼けて描かれていた。波動砲が炸裂した地域であろう。しかし、波動砲ってその程度の威力だった?--シルクロード

このページを編集 (815 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 3802 times.