vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

次元潜航艇

ガルマンウルフことフラーゲンが艇長を務める艦、艦の周りに次元断層を発生させその断層に身を潜めそこから艦首亜空間魚雷で攻撃するといったものであるが亜空間ソナーによって居場所を探られ波動爆雷で攻撃を受けたが、東部方面軍機動要塞へヤマトを追い込むことに成功した。--たっちゃん


フラーケン大佐乗艦以下同型艦8隻ほどの艦隊を編成。亜空間魚雷発射管が艦首左右に計6門。全長180〜190メートル。
この艦の戦法を初めて見たときは、そのアイデアに感心した。映画「さらば〜」で彗星帝国の潜宙艦は非常に単純なステルス能しかもたなかったため、アンドロメダから打ち上げられたソナーに照らし出されて一掃されたが、次元潜航艇の能力はその比ではない。異次元に潜んだまま魚雷が撃てるのは戦闘上この上ない有利。スタートレック・シリーズでも、遮蔽装置により相手のレーダーから隠れたまま魚雷を撃てる艦が見られたことはあったが、それでも通常次元での遮蔽のため、エンジンの排気物を探知されて撃沈された。次元潜航艇はそれを上回っている。
ヤマトは亜空間ソナーで次元潜航艇の位置を探り、波動爆雷で次元潜航艇を異次元から引っ張り出した。波動エネルギーは炸裂する瞬間に次元の歪を生じる(以前の作品中でこのような説明があったと思う)。これが目標を破壊する威力を発揮すると共に、異次元にも効果を及ぼす。
デスラーは、自分を蘇生してくれた彗星帝国の技術の1つとして回転砲塔をガルマンガミラス帝国にもたらしたが、次元潜航艇は潜宙艦にヒントを得て発展・開発したものだろう。--シルクロード

このページを編集 (1325 bytes)


Congratulations! 以下の 4 ページから参照されています。

This page has been visited 4213 times.