vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

デスラー機雷

「1」でヤマトの進路を阻んだ機雷群、突起状のアンテナから出される電磁波に何かが当たっただけで爆発する、機雷の中にはひとつだけコントロール機雷がありそれを破壊するとすべてに機雷が停止する。--たっちゃん


ガミラスが、地球の艦船が太陽系から脱出するのを防ぐ目的で設置した防御網で、緑色・球形で6本の突起をもつ機雷。機雷どうしの間隔は通常110メートルで、ヤマトが辛うじて間を進めるほど。しかし、それは罠であり、機雷網の中に進入すると、機雷網を制御するコントロール機雷(この機雷だけは赤褐色)のプログラムによって次第に間隔が狭まって行く。
真田とアナライザー(酒に酔った状態)は、機雷がヤマトに触れる前にコントロール機雷のプログラムを解除することに成功し、古代ら戦闘班はヤマト周囲の機雷群を「手で」取り除いた。
その様子をガミラス本星で観ていたデスラー総統は、「まさかあのような野蛮な方法で切り抜けるとは思いも寄らなかった」と感想を述べ、ヒス副総統にヤマトに祝電を打つよう命じる。 --シルクロード

このページを編集 (885 bytes)


Congratulations! 以下の 2 ページから参照されています。

This page has been visited 2835 times.