vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

日本のSmalltalk-80バージョン履歴

勝田均さんから教えていただいたものです。これは小田垣まりかさんによるOral History収集の間接的な派生物です。--abee

安松一樹さんのSMLへの投稿と合わせて読むとよいかもしれません。--abee



1981:LV1(Licence Version 1)
Xerox PARCのSoftware Concepts Laboratory(SCL)がアップルコンピュータ、テクトロニクス、DEC、カルフォルニア大学バークレイ校に提供したバージョン。

1983:LV2
SCLがLV1を改良したもの。

1983: CV3(Customer Version 3)
LV1をもとに、Xerox Special Information Systems(XSIS)が1100SIP(Dolphin)用にリリースしたバージョン

1984: CV4
LV2をもとに、XSISが1108(Dandelion)用にリリースしたバージョン

1985: KV4.1(Kiku Version 4.1)
CV4をもとに、富士ゼロックスのSoftware Technology Center(STC)が、1121AIW(Kiku X)用にリリースしたバージョン

1986: KV4.2
KV4.1をもとに、STCがそれまで15ビットだったオブジェクトポインタを16ビットの3/4まで使えるように拡張したバージョン。1121AIW用

1985: LVUW-1(Licence Version for Unix Workstation 1)
LV2をもとに、SCLがSunワークステーション上で動作する仮想マシン用に開発したバージョン。オブジェクトポインタは30ビット。

1986: KV5(Katana Version 5)
KV4.1にLVUW-1での変更分を取り込んで、STCが1161AIW用にリリースしたバージョン。

1986: LV2.1
LV2をもとに、ParcPlace Systems(PPS)がリリースしたバージョン

1987: KV6
KV5をもとに、STCが1161AIW用にリリースしたバージョン。



「KV」
勝田均さんによるコメントです。--abee

KVのKは、仮名でも漢字でもなく、菊と刀のKであったことが判明しました。

「オブジェクトポインタを16ビットの3/4まで使えるように拡張」
稲垣政富(aka きょうそ)さんによるコメントです。--abee

これは、内部的にはSTRETCHと言っていたものです。
それまでは、
MSBが0だと、残り15bitはそのままSmallIntegerの値
MSBが1だと、残り15bitはObjectPointer
STRETCHでは、
MSBが00だと、残り14bitはそのままSmallIntegerの値
MSBが01だと、残り14bitはObjectPointer
MSBが1だと、残り15bitはObjectPointer

このページを編集 (2138 bytes)


Congratulations! 以下の 1 ページから参照されています。

This page has been visited 2707 times.